未分類

記事の作成ルール

このような形で記事作成をして頂くようによろしくお願い致します!

リード文(冒頭となる書き出し)

1)大見出し
画像
本文

中見出し
本文
中見出し
本文

2)大見出し
画像
本文

3)大見出し
画像
本文

4)まとめ見出し
画像
本文

場合によっては何か所かに中見出しや小見出しが入る場合もあります。

 

記事作成手順

では、具体的に記事の作成手順についてお伝えします。

記事は主にこんな構成となります。

リード文

本文

まとめ

それでは次に具体的にどのように書けばいいのか1つずつ詳しく説明していきます。

リード文の作成

書き方のコツ:読者の心をつかむ、記事の方向性を伝える
文字数 :170 文字前後(140 文字~200 文字まで)

1.読者の心をつかむ

読者に「自分の今の状況(気持ち)をわかってくれている」と感じてもらうことで、心を
つかむことができる
「〇〇ですよね。」「〇〇じゃないですか?」と読者の状況や気持ちをそのまま言葉で書
くことで「そうそう!そうなんだよね!」と思ってもらえる

2.記事の方向性を伝える

記事を読む事で、どんな情報を得ることができるのか、どんな悩みを解決できるのか具体
的に伝える。この時、その方向性が読者にとって価値ある(読むメリットがある)と判断
されれば「この記事を読みたい!」と思ってもらえる。

読者は「答え(結論)」を知るために記事を読みます。なので必要以上に長いリード文は
「答え」を得るまでに時間がかかり読む意欲を低下させます。
でも「1.」「2.」をしっかり盛り込まないと読む意欲を掻き立てられないので、40~200 文
字以内、170 文字前後の文字数で作ります。

読者はまずはリード文を読んで自分が求めている文章か違うかを判断します。なので、手を抜かずにこのリード文で、この記事ではどんなことが書いてあるかをしっかりアピーしましょう。

また、リード文の中にこちらが指定したキーワードを最低1回は必ず入れてください。

本文の作成

記事を書くうえで意識すべきことを紹介していきます。

また他の記事を参考にして、記事を作成する場合はこちらで説明しているリライトをお願いします。

⇒リライトのやり方

記事を書く時はだれか一人をイメージして書こう

  • これを読んでいる皆さんも注意が必要です。
  • これを読んでいるあなた!注意が必要です!

この2つの文を読んでどちらが説得力があるでしょう?

これを読んでいるあなた!注意が必要です!」だと思います。

「これって私のために書いてくれている文じゃない?」と思うことで人は初めてしっかりと文章を読みます。

なので、読んでもらうためにはまずは読者をイメージしましょう。

あなたの身近な人でもOKです。

妄想でもOKです。

その人が今、どういう状態にいるのか?

どういうことで悩んでいるのか?

その人が幸せになる(悩みを解決する)ためにはどんなことを伝えればいいのか?

こういうことを考えながら記事を書くとより説得力のある文章が出来ます。

また、読者の

  • 年齢
  • 性別

こういったことも一緒に考えるとより読者をイメージしやすくなります。

あと、文中では「皆さん」よりも「あなた」という言葉を使いましょう。

同じ接続詞や文末を繰り返し使わない

記事内の文頭と文末の文字は、なるべく他の行と被らないようにして下さい。

例えば、一つ前の行で「それと」で始まっているのにも関わらず、次の行でも「それと」から始まるなど。

文末も同様で、「です」「ます」といった助動詞以外は、あまり他の行と被らないようにして下さい。

ひとつの文を長文にしない

文は1文でなるべくひとつのことを伝えて下さい。

【。】をあまり使わずに長文にして、たくさんのことを伝えても読みにくいです。文はコンパクトにまとめて下さい。

二重(重複)表現に気を付けよう

  • まだ未完成→未完成 (まだと未が同義)
  • 最後の結末は→結末は (最後と結末が同義)
  • 約5名ほどの→約5名の (約とほどが同義)

こういった二重表現をすると人によってはそこばっかり気になってしまう読者もいるので気を付けましょう。

文章は言い切ろう

【悪い例】

  • ~した方がいいと思います。
  • ~した方がいいらしいです。
  • ~した方がいいかもしれません。

こういった文末だと頼りなくて、記事を読んでいる読者さんもこの記事大丈夫?って思ってしまします。

なので、こういった文にしましょう。

【良い例】

  • ~した方がいいです。
  • ~しましょう。
  • ~しないといけません。

こういった感じで言い切ることが重要です。

まとめの作成

書き方のコツ:記事内容を再確認してもらう、筆者からのメッセージを伝える
文字数 :150~220 文字

読者に語りかけ、何を伝えたかったのか、筆者としてどう想っているのか等を伝えて、気持ち良く記事を読み終えてもらいましょう。

見出しについて

見出しには「大見出し」「中見出し」「小見出し」があります。

大見出しがメインの見出しとなります。大見出しの内容についてさらに具体的に説明したい場合は中見出しを使います。さらに、中見出しの内容について具体的に説明したい場合は小見出しとなります。

この記事内でも大見出し、中見出し、小見出しを使っています。画像で詳しく説明します。

また、大見出しはこちらで考えますが中見出しや小見出しについてはライターさんで考えてもらいます。

中見出しや小見出しの決め方

では、どのように中見出しや小見出しを決めたらいいのか例を用いて説明していきます。

【例】大見出し:大学生が彼女を作る方法

大学生が彼女を作る方法を小見出しを使って紹介してもらいます。

【中見出し・小見出しの決め方】

  1. 自分で考える
  2. Yahoo!やGoogleなどで検索して他のサイトで書いているネタを調べて参考にする
    例:今回でしたら検索エンジンで「大学生が彼女を作る方法」と検索して出てきたサイトから彼女を作るためにどんな方法があるのか調べる

上記のやり方を参考に中見出しを考えると以下のようになります。

大見出し:大学生が彼女を作る方法

中見出し:
サークルに参加しよう
バイトを始めよう
合コンに積極的に行く

 

文字では分かりにくかったら動画でも詳しく説明しています。

大見出しと中見出しの間にも文を

記事を書く際は、大見出しと中見出しの間にも文を書いてください。

以下の画像のような感じです。