記事作成

記事を書く上で気を付けること

記事を書く時はだれか一人をイメージして書こう

  • これを読んでいる皆さんも注意が必要です。
  • これを読んでいるあなた!注意が必要です!

この2つの文を読んでどちらが説得力があるでしょう?

これを読んでいるあなた!注意が必要です!」だと思います。

「これって私のために書いてくれている文じゃない?」と思うことで人は初めてしっかりと文章を読みます。

なので、読んでもらうためにはまずは読者をイメージしましょう。

あなたの身近な人でもOKです。

妄想でもOKです。

その人が今、どういう状態にいるのか?

どういうことで悩んでいるのか?

その人が幸せになる(悩みを解決する)ためにはどんなことを伝えればいいのか?

こういうことを考えながら記事を書くとより説得力のある文章が出来ます。

また、読者の

  • 年齢
  • 性別

こういったことも一緒に考えるとより読者をイメージしやすくなります。

あと、文中では「皆さん」よりも「あなた」という言葉を使いましょう。

リード文に命を懸けよう

リード文を含めた文の構成についてはこちらの記事で説明しています。

リード文について例などをあげてこちらの記事で詳しく解説しています。

見やすい文になるように改行を心がけよう

文章の書き方

同じ接続詞や文末を繰り返し使わない

記事内の文頭と文末の文字は、なるべく他の行と被らないようにして下さい。

例えば、一つ前の行で「それと」で始まっているのにも関わらず、次の行でも「それと」から始まるなど。

文末も同様で、「です」「ます」といった助動詞以外は、あまり他の行と被らないようにして下さい。

ひとつの文を長文にしない

文は1文でなるべくひとつのことを伝えて下さい。

【。】をあまり使わずに長文にして、たくさんのことを伝えても読みにくいです。文はコンパクトにまとめて下さい。

二重(重複)表現に気を付けよう

  • まだ未完成→未完成 (まだと未が同義)
  • 最後の結末は→結末は (最後と結末が同義)
  • 約5名ほどの→約5名の (約とほどが同義)

こういった二重表現をすると人によってはそこばっかり気になってしまう読者もいるので気を付けましょう。

文章は言い切ろう

【悪い例】

  • ~した方がいいと思います。
  • ~した方がいいらしいです。
  • ~した方がいいかもしれません。

こういった文末だと頼りなくて、記事を読んでいる読者さんもこの記事大丈夫?って思ってしまします。

なので、こういった文にしましょう。

【良い例】

  • ~した方がいいです。
  • ~しましょう。
  • ~しないといけません。

こういった感じで言い切ることが重要です。